萌え豚君のポケモン雑記

ポケモンでの育成論や日記など ポケッ党所属

  • 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムジュラの仮面【感想】

  1. 2016/02/23(火) 17:27:35|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

広告潰しも兼ねて。

つい先ほどムジュラの仮面を終わらせました。いやー面白かった。時のオカリナより面白かったかも。

タルミナ地方にある3日後には月が落下して滅びてしまうクロックタウン、ここにリンクがやってきて色々するわけですが

今回はダンジョンの数は4つと前作より2つ減っています。しかし、ダンジョンに到着するまでの経緯やサブイベントがとても豊富でボリューム不足は感じられませんでした。

プレイ時間も時のオカリナが27:10, ムジュラの仮面が31:12となぜか時オカよりもやっていましたw


クリアした最初の感想は、このゲームよく出来てるなってことです。

クロックタウンの住人たちは当初は良く思っていませんでした。暗いし性格が悪いしで時オカに郷愁を感じていました。
しかし、3日間を繰り返して行くうちに住人たちが好きになっていくんです。サブイベントを進行していると住人たちの普段見せない顔や本音が分かり距離が近くなるんですね。
この印象の移り変わりが自然でやってて気持ちいいです。

もう一つ良かったのは、タルミナやクロックタウンの人々の悩みや問題は全てムジュラの仮面や月が原因で起こされていたということです。
サブイベントを遂行して人々の問題を解決しても3日間という制約上時間を巻き戻す必要があります。

これによってせっかく悩みや問題を解決しても元の状態に戻ってしまい、モヤモヤした気持ちになります。

しかし、ラスボスを倒し月という元凶が消滅することで問題が全て解決されます。
そしてEDでは3日後よりも先の人々の世界が描かれます。

今まで時間を繰り返すことで溜まっていた、実質的には問題を解決していないというフラストレーションがここで一気に爆発し非常に清清しい終わり方を迎えることが出来ます。
時オカのEDはガノンの復活や賢者の生死など気になることはあったのですがw

後、EDのメドレーがとても格好いいです。特に主題歌でもあるoverworldは感極まった状態でもあり泣いてしまいました。


私はゼルダというゲームはストーリーが第一と考えているのでこのムジュラの仮面はドンピシャでした。
警告…100点



これはどうでもいいけどEDでお面屋が語った、「出会いがあれば 必ず 別れは 訪れるもの。 ですが、その別れは永遠ではないはず・・・ 別れが 永遠になるか 一時になるか・・・それはアナタしだい。」という台詞がアイカツ!が終了を迎えて落ち込んでる自分の励みになった。アイカツスターズも愛せるかなぁ…
スポンサーサイト

大いなる躍進

  1. 2015/11/14(土) 21:31:36|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

女装完了して外出しようとしたら宅急便が来たのでそのまま出ました。

ちなみに服装は以前にツイッターで一瞬だけ挙げたのと同じです。

声は女声練習していますがまだまだなのでモゾモゾとだけ喋って誤魔化しました。

出たら配達員がサインを求めてきましたが、今の自分では名前が合わないために母親の名前で書き込みました。

そうして配達員から商品を貰いました。配達員さん絶対領域チラチラ見てたなぁ・・・。

というわけで、バレなかったのか察せられたのかはともかくついに女装して他人と接触するという大きな一歩を踏み出すことができました。めちゃくちゃ楽しかったし嬉しかった。

完!

アイカツ&プリパラやってきました

  1. 2015/10/23(金) 20:26:55|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
またも広告潰しの記事


今日はついに僕もアイカツ&プリパラデビューした日なのであります。一応DIVAもしました。

今までは幼女先輩やキモオタ共の目が嫌で敬遠していたのですがテスト週間ということもあり午前中から地元のセガワールドに行って来ました。
店内はガラガラでおじさんたちがメダルゲームをしているぐらいだったのでアイカツを3回、プリパラを2回、DIVAを一回しました。

最初にアイカツをプレイするとカードが出てきたので見てみるとなんとプレミアムレアカード、Dolly devilのドーリーレオパードサンダルが出てきた。ヤフオクで見てみると500円で取引されてる良いカードみたいです。選曲はLovely Party CollectionやSHINING LINE*、lucky train!、コーデのカードは映画やお菓子などでよく付いているので困ることはなかったです。個人的に良かったのは、例えばSHINING LINE*の時は映画と同じスリーピングオーロラコーデを使用すると特別なアピールポイントが付いたりと映画やアニメを再現している所がにくい演出だなと。

プレイが終わると学生証兼ICカードが欲しくなる。店員さんに聞いてみるとアイカツ柄のICカードはイオンなどの近くを探しても無かったと言われICカード無しで二回目をプレイする。モード選択をしている所で先ほどの店員さんがやってきて、ディスプレイ用のアイカツICカードが残っていたということで一旦プレイをリセットしてもらい試してもらう。認証された。僕は500円を払いICカードを貰い店員さんに感謝した。いわく、店員さんの弟がアイカツおじさんらしく精通していたのが幸いだった。そして一旦リセットされたことにより一回分のプレイで2枚のアイカツカードを手に入れることもできた。こういうサービスがこのゲームセンターの潰れない秘訣だと感じた。

アイカツを堪能した僕はDIVAに向かう。DIVAは休日になると如何にもなキモオタ共が氾濫しているので僕は近寄りがたかった。しかし平日の昼間ということで人は皆無、落ち着きプレイする。曲はFar Awayと星屑ユートピアを選択、後者はハードでプレイしたため完走はしたもののクリアはできなかった。PSPやPS3のCS版はやっていたがボタン配置が横一列のために戸惑った。スライドってなんだよ(哲学)

そして最後はプリパラをプレイするぷり~。プリパラはマイチケという物を作ることだけは知っていたが詳しくは知らなかった。最初は手探りだったためマイチケを作らずにプレイ、曲はBright Fantasy キャラはそふぃを選択。ここらへん本当によく分からなかったのでとりあえず一回目は終了。後ろの取り巻きはマイチケを一人で3人分作れば自由にできるのかな?
2回目はマイチケを作るを選択。先ずは普通にプレイする。キャラはあろま 曲はReversible-Ring。ここのメインキャラや後ろの二人の配置がまたしても分からず、キャラと声が一致しなかった。サイリウムチェンジ時にボタンを連打するのだが、410が限界だった。マイチケは無事に作れプリントアウトされた。パキれ(迫真)次やる時はもう少し勉強してからやろ・・・


アイカツやプリパラの筐体を実際にやってみると、今までアニメで見ていたライブシーンがそのまま自分の手によって再現できるのでとても楽しかったです。これからも熱いアイドル活動しつつ、パラダイスを求めてやっていこうと思います

~~~~~ʅ(◉ਊ◉)ʃ ~~~~~~

マリオライブ レポート

  1. 2015/09/21(月) 00:33:43|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はい。行って来ましたマリオライブ。詳細
一言で言うと、最高。是非とも円盤を出して欲しいぐらいです。

先ずはグランキューブ大阪に到着。ここまで来るのに迷うかもと危惧していたがオフのポケ勢みたいな人たちがたくさん歩いていたので察して付いて行ったので大丈夫だった。

会場にはお祝い花があり、ファミ通やニンドリ日本コロムビアなどゲーム雑誌やメーカーからの祝い花が飾られていた。何故かそこにガンホーからの花もあって嫌味かと笑ったがパズドラエディションを思い出し納得する。限定グッズの販売が行われていたが金銭の問題で諦める。パンフレット欲しかった・・・

水分補給をしてメインホールに入場。僕はS席だったので前中央の右端の席というかなりグッドな席を確保。
開始前ということでゆっくりしていると、僕の二列左前の席に関係者スタッフの札を首に掛けた集団が入ってきたのだがなんとその中に手塚卓志さんが居たのである。手塚さんとはスーパーマリオブラザーズでキャラクターデザインを担当し、ドットを打ち込んだのも彼である。詳細で登場するとは書いていたので来るのは知っていたがまさかこんな近くで見られるとは思わず、しばらくの間手塚さんを凝視していた。他にも関係者の方たちが参列していましたが僕は誰か分かりませんでした...周りの観客は気づいていないのか無反応だった。

興奮冷めやらないがライブが始まる。最初にマリオの歴史ということで歴代のゲーム画面がスクリーンに映し出される。一部のみなのだがその中に六つの金貨があり嬉しかった。
楽曲は全て紹介できないが、3曲目のスーマリ3のEDアレンジで泣いた。個人的にはクッパメドレーやマリオワールドメドレー、64のかいぞくのいりえのアレンジが良かった。
MCが入り、曲が一時中断する。そこからMCの紹介により近藤浩治さんが登場する。近藤さんとは皆さんご存知のスーパーマリオブラザーズのBGMを作曲した方である。
MCが更に続ける。詳細には書いていなくサプライズの登場だったのだが、まさかの宮本茂さんが出てきたのである。会場は騒然とし、最大の歓声と拍手が巻き起こる。僕も初めて生の宮本さんを見て全身に鳥肌が立った。手塚さんが笑っていたのが印象的。

二人の当時の会話を聴き、1部が終了。20分の休憩だったが衝撃の余りボーっと過ごす。その間、手塚さんが席を離れ登場のスタンバイ。
2部が始まり、手塚さんが登場し3人が揃う。演奏の前に特別コーナーでライブ特別仕様のステージでマリオメーカーをプレイできるコーナーになる。このコーナーのみに於いて撮影が許可されたがデジカメを忘れて大後悔する。指名に当たった人はマリオメーカーのソフトと宮本さん、手塚さん、近藤さんのサインが入ったパンフレットが貰えるということで僕も挙手をするが指名されず。小3のゆういち君が選ばれた模様。ステージの音楽は近藤さんがピアノで生演奏という豪華仕様。

2部の演奏が開始され最後はアンコールで終了。眠たくなってきたので終わるが、一つ一つの楽曲が丁寧にアレンジされており、スクリーンに映るゲーム画面も思い出を蘇らせニヤニヤしてしまう。ライブは一体感!(アイカツ格言)
ここまできて言うが、明日は東京での公演が行われるので気になった人は行こう。

素晴らしいライブをありがとうございました!

映画アイカツ!2015

  1. 2015/08/23(日) 02:14:25|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
『アイカツ!ミュージックアワード みんなで賞をもらっちゃいまSHOW!』
観てきました。宣伝潰しも兼ねて簡素に。

良かった点
・ライブシーンが大画面で流れまくるので迫力もあり楽しい。
・次の曲の予想が楽しい。
・ソレイユが出てくる。
・あおい姉さんが一人でこっそり決めポーズをしていたのが可愛い。
・蘭さんの登場がセクシー。
・珠璃ネキのアイカツマラソンが24時間マラソンのパロディで面白い。
・スミレ「おだやかじゃないということはおだやかじゃない」←かわいい
・蘭「これもまたアイカツだな」←崖登りをアイカツと初公認。
・2016年に映画第2弾?決定。

ちなみに映画館販売でタペストリーとルミナスのクリアファイルセットを購入。ソレイユverとパンフレットは金欠で買えず。

悪かった点
・ライブシーンが使いまわし。せめて2期のライブシーンは3期のCGに変更する等の特別感を出して欲しかった。
・EDが手抜き。
・アイカツマラソンの設定が強引。
・ユリカ様が出ない。
・いちごちゃんが空気。

上映が終ると突然「さいこおおおおおおおおおお」と奇声を発し走って消えていったアイカツおじさん(40代)が忘れられない。

進行パートはアイカツらしさが全開でアイカツ好きなら間違いなく満足できる。しかし、前作のような出来を期待していると少々拍子抜けしてしまうかもしれない。
最後には映画第二弾の文字が出てきたので今作は本編との繋がりを無視したエクストラ的な扱いだったのかもしれない。木村監督もそう言っていましたね。



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


▲PAGETOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。