萌え豚君のポケモン雑記

ポケモンでの育成論や日記など ポケッ党所属


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発想の転換

  1. 2015/05/20(水) 17:10:54|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
いつも通り学校から帰る途中で中学1年生ぐらいの小さな男女が
男「お前ヤリマンだろ」女「やってないわ」などの会話が耳に入ってしまい恐ろしさと侮蔑の感情が湧き出たのですが、ちょっと考えてください。

この女の「やってないわ」という発言に違和感を感じないでしょうか。
私は童貞ですがHぐらいは2次元で知っています。
そのHのやり方なのですが、女は股を開いてただ横になっているだけではありませんか。
その股を開くという状態を固定しているだけで「やっている」というのはおかしくないでしょうか。
男の場合は腰を「ふっている」ということで状態を表しており納得することは容易です。

どういうことかと言いますと、女は股を開いているだけでそれに意味は無い。そこに男の腰を振るという動作が加わることによって初めてHという行為は成立するのです。多分これ未経験の人間のが同じ感覚を抱いていると思います。

辞書で「する」の意味を調べると
ある事・動作・行為などを行う。意図的にその物事・行為を行う場合から、ある状態や結果になるような動作・行為を行う場合、結果としてある事を行ってしまったり望まないのにそうなったりする場合など、いろいろに用いられる。

女が股を開いているだけのところに男が接近するだけのことである。股を開くだけでHの条件には成り得ない。つまりこの中学生女が言い放った「してないわ」というのは文法的誤り&傲慢である。3次であれ2次であれ女のしてあげる発言ほど舐めかかった発言はないです。

先ずここで私の論が実証されたところで新たな疑問が出てくると思います。
それは、それならば男の腰を振っているというのも行為としてはあってもHの条件には成り得ないということです。
これに関しては反論の余地がなくごもっともな意見です。

つまり、考えを転換すると
あるX軸にとある事情があって腰を振っている男と、あるY軸で漫画でも読みながら股を開いて横になっている女はHとしての条件を満たしていることになります。つまり、「やっている」のではなく「そこにいる」からHが観測できるだけでHというのは”そこ”で行われている動作が偶然合わさった奇跡の産物なのです。

こじつけが限界に達したので終ります。ジェンダーコンプレックス抱えるとこうなるという良い例。

スポンサーサイト

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


▲PAGETOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。